乳酸菌LG21

乳酸菌には様々な種類があり、その中の1つとして乳酸菌LG21があります。乳酸菌は、多くのものは腸内の環境を整え、お腹の具合を良くしてくれるものが多くなっていますが、乳酸菌の種類によってはその効果も様々となっています。その中でも、乳酸菌LG21は有名となっており、その名前が付いたヨーグルトなども発売されているほどとなっています。乳酸菌LG21には、いくつかの特徴があります。まずは、ピロリ菌への抑制効果が高いということがあります。ピロリ菌は、胃の粘膜に住みつき、十二指腸などの病気の原因になる菌であることが知られています。また、ピロリ菌は、小さな子供の時に感染し、除菌しない限りは胃の中に住み続けます。ピロリ菌により、最悪の場合には、胃がんに発展することもある菌です。乳酸菌LG21では、このピロリ菌を除去できるといわれている乳酸菌になります。通常の乳酸菌では、胃酸により分解されてしまいますが、乳酸菌LG21は酸に強く、胃の中で活動を続けることができるという特徴があります。また、胃酸で分解されず、腸にも到達できることが知られています。乳酸菌LG21には、ピロリ菌の除去以外にも、通常の乳酸菌と同じように胃の環境を整える作用もあります。その為、下痢や便秘などの改善も期待できます。乳酸菌LG21を含んだヨーグルトなどは、継続して摂取し続けることが重要で、継続して食べたり飲んだりすることで、腸の調子を改善してくれます。