L-92乳酸菌の特徴についてご紹介します

L-92乳酸菌は、新しい機能を持った乳酸菌のひとつで、カルピス社が研究によって開発した新機能性乳酸菌の事を言います。正式な名称としてラクトバチルス・アシドフィルスL92株と言います。L-92乳酸菌の特徴として、人間の体内の免疫バランスを整える効果がある菌と言われています。このカルピス社のL-92乳酸菌が免疫力を高めてバランスを整えるメカニズムとして、腸管にある免疫細胞を刺激することからこのような効果があると考えられています。他にも乳酸菌の種類はありますが、ほとんどの乳酸菌には腸まで届くと言う事が出来ないと言われています。しかしこのL-92乳酸菌は、生きたままの状態で腸に到達すると言われているので、腸内で効果を発揮する事が出来ると言われ、注目されています。免疫のバランスを取る上でアレルギーに関係しているのTh1細胞とTh2細胞と言われています。この2種類の免疫細胞によって、普通はバランスを取って保つ事で免疫反応をコントロールしています。しかし、現代の食生活では偏食がちになる事やバランス良く食事出来なかったり、生活環境の変化などによって、このTh1細胞とTh2細胞の免疫バランスが崩れ、Th2型に偏ってしまうとアレルゲンと反応するIgE抗体というものが過剰に作られてしまい、それによってアレルギーの症状が出てしまうという結果に繋がってしまいます。L-92乳酸菌を毎日摂取する事で、免疫バランスが取れると言われています。