プロバイオティクスとプレバイオティクスとバイオジェニックス

プロバイオティクスとは

プロバイオティクスとは人間のカラダに必要な細菌を取り込むようなものを指し、健康を意識していこうという人にとっては必要になっていくアイテムです。生きたまま腸内へ菌が届くように、食後すぐに摂取していくということもポイントになっていて、消化吸収を促していくような内容が大事です。腸内の働きをしっかり方向性を持って接していくようにためにも、プロバイオティクスのノウハウを慎重に形成していくことが重要なのです。 その一方で、善玉菌を増やしていく取り組みも功を奏していくことになります。快便やガスがきれいに排出されるような状況を作り出していくことで、善玉菌が体内に保たれていくことにもつながります。微生物の中にある比較的安全な成分を分析して、よいものだけを取り入れていくようにするということが鍵になるのです。それぞれが「健康のために」何ができるかを模索して、日々の食生活からとことん見直していくようにするということが大事になります。胃酸などに消化されるような状況を減らしていくことを見ていくことで、効率よくプロバイオティクスに関するものに近づいていくこともできるのです。 すでにこういったものを実践している人たちも多く、インターネットを見ていけば似たようなエピソードを公開しています。プロバイオティクスの知識が浸透していくことで、健康的なカラダを手に入れる人の数も増えていくのです。ゆえに、腸内環境が大事であるのです。

プレバイオティクスとは

プレバイオティクスとは、プロバイオティクスの餌となる物質です。プロバイオティクスとは、体に良い影響を与える微生物のことです。 たとえば腸の働きを良くする乳酸菌も、プロバイオティクスの一種です。ただし、乳酸菌には豊富な種類があり、それらの全てがプロバイオティクスに分類されるわけではありません。なぜなら乳酸菌には、すぐに生命力を失い、腸まで届かないものが多いからです。 ところが中には、腸まで届いてしっかりと働く生命力の高い乳酸菌もあります。そういう優秀な乳酸菌のみが、プロバイオティクスに分類されているのです。 そしてそのプロバイオティクスの働きをさらに良くすることができるのが、プレバイオティクスです。プロバイオティクスは、プレバイオティクスを食べることで、どんどん増えていくのです。たとえプロバイオティクスを少量しか摂取しなかったとしても、プレバイオティクスがあれば増殖しますから、健康面での高い効果を得ることができます。もちろんプロバイオティクスもプレバイオティクスも、両方大量にあれば、その効果は非常に高いものとなります。 プレバイオティクスには、具体的には乳酸菌の餌のオリゴ糖や抵抗性デンプンなどがあります。これらは、腸内の悪玉菌など体に害をなす菌を増やすことはなく、プロバイオティクスのみを増やします。そのためサプリメントなどの健康補助食品には、プロバイオティクスとプレバイオティクスが一緒に配合されているものが多くあります。

バイオジェニックスとは

バイオジェニックスとは乳酸菌の新しいかたちです。日本における腸内細菌研究の第一人者である、光岡知足氏によって近年提唱された言葉です。言い換えると乳酸菌をこれまで以上に効率よく摂取するための、乳酸菌食品の加工技術ともいえます。乳酸菌の研究が進む中で、死んだ菌でも疾病予防の効果が認められることがわかってきました。そこで乳酸菌を濃縮圧縮させ、ペプチドなどの代謝物を凍結乾燥させた乳酸菌生産物質である、バイオジェニックスという機能食品が開発されました。バイオジェニックスから生まれる乳酸菌生産物質には、約3兆個の乳酸菌が含まれています。ちなみに市販のヨーグルト1gに含まれる乳酸菌が約8億個と言われているので、いかにその量が多いのかがわかります。 バイオジェニックスは、腸内フローラを改善させ、腸管免疫を介して疾病に直接働きかける作用があります。腸自体のコンディションは関係なく、確実に腸内環境を改善させることが可能です。機能性食品として摂り入れることで、疾病に対して直接的に、また間接的にも効果を発揮することができるという所が大きな特徴です。これにより、抗ストレスなどの生体調節機能や、抗アレルギーなどの生体防御機能のほか、血圧降下や血糖低下作用などに効果があることが期待されます。 高齢者の方の健康維持のために、また免疫力が低下している入院患者さんに対して、乳酸菌生産物質を摂取することは、非常に効果のあることといえます。特に入院している場合、院内感染などの危険性も通常より高いため、あらかじめ免疫力を高めておくことはとても大切なことです。