乳酸菌サプリテッパンランキングNO1〜NO5

 
ビフィーナS
ビフィーナSの特徴

17年連続で乳酸菌サプリ人気ランキングNO1のビフィーナS
ビフィズス菌と乳酸菌、そしてオリゴ糖をバランスよく含んだ、ビフィーナSという健康商品があります。この成分であるビフィズス菌や乳酸菌は、今となっては誰もが一度は耳にしたことのあるもので、腸内環境を整える効果があることも理解されてきています。人間にとって腸を整えることは非常に大切で、便秘を解消することはもちろん、毎日の健康維持のために利用する人がますます増えてきています。また、ビフィズス菌や乳酸菌は若い頃には体内に十分にあるものの、加齢とともに減少していくもので、特にビフィズス菌については体内で生成することができません。そのため、成人の方はこれを外部から積極的に摂取する必要があるのです。そこで効果的なのが、このビフィーナSです。

価格 初回30日分 2,980円
主な成分 ロンガム種ビフィズス菌 / アシドフィルス菌 / ガゼリ菌 / ラフィノース(オリゴ糖)
ビフィーナSの総評

ビフィーナSの特徴として、生きて腸まで届けられることが挙げられます。どんなに多くの量を摂取しても、腸に到達するまでにビフィズス菌は胃酸などにより溶けてしまう率が高いのが特徴です。そのため、生きて腸まで届けられるようにするための工夫が必要なのです。そこでビフィーナSが実現したのが、ハイパープロテクトカプセルによるバリア機能です。このハイパープロテクトカプセルに包まれたビフィズス菌は、何にも守られていない状態に比べて、ビフィズス菌の生存率が90%にもあがります。この違いで、腸に働く効果に圧倒的な差が生まれてきます。ビフィーナSのこの特性に着目し、健康食品の効果的な摂取に繋げることをお薦めします。

 
 
サントリー ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖
サントリー ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖の特徴

生きたまま腸に届くロンガム種ビフィズス菌
体内の健康バランスを保つのに欠かせないのがビフィズス菌です。しかし、このビフィズス菌は年齢とともに減少してしまいます。このビフィズス菌の減少によって、体がすっきりしないなどの体調不良が起こります。これを改善するためにはビフィズス菌の摂取が大切となります。しかし、ビフィズス菌は胃酸に弱く、腸に届くまでにほとんどが死滅してしまいます。しかし、サントリーのビフィズス菌+ミルクオリゴ糖は、しっかりと腸に届く胃酸に強い菌を採用しています。ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖に採用されているロンガム種ビフィズス菌は、胃酸に強く生存率が高いのが特長です。また、ロンガム種ビフィズス菌は体内に多く存在していますので、届いた菌がなじみやすいことも利点となっています。そして体内に届いたビフィズス菌が活発に活動できるもととなるのがミルクオリゴ糖です。ミルクオリゴ糖は、ビフィズス菌と相性がよく、栄養源となって体内での育成をサポートすることができます。

価格 通常2,500円+税
主な成分 ロンガム種ビフィズス菌 / ミルクオリゴ糖
サントリー ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖の総評

ビフィズス菌+ミルクオリゴ糖は脂質がゼロなので、カロリーを抑えることができます。さらに、食物繊維も配合しています。スッキリとした味わいで美味しく摂取することができます。スティックタイプとなっていますので、携帯用としても便利です。初回限定で送料無料の割安価格で購入することができます。また、定期購入を申し込むと毎回送料無料で、10%の割引価格で購入することができ、お得となっています。

 
 
花菜の選べる乳酸菌
花菜の選べる乳酸菌の特徴

「花菜の選べる乳酸菌」は、8種類の異なる乳酸菌配合で腸内環境を最適に整えます。
花菜(はんな)という会社から発売されている「花菜の選べる乳酸菌」は、乳酸菌サプリ比較ランキングで1位に選ばれるなど、今、非常に注目されているサプリメントです。1日の摂取量の中には5000億個、8種類の異なる乳酸菌配合で、腸内環境を整え健康的体へと導いてくれます。乳酸菌は種類によって異なる役割を果たしており、同じ種類の乳酸菌ばかりを長期間摂取していると、体がそれに慣れてしまい、効果を感じにくくなると言われています。そのため、腸内環境を改善するには乳酸菌の種類が多い食事やサプリメントの摂取が大事であるとされてきました。「花菜の選べる乳酸菌」はこの点に着目し製造されており、種類の違う2種類のサプリメントを交互に飲めるようパッケージされています。違った種類の乳酸菌を2週間程度のサイクルで飲み分けることで、絶えず腸内環境を新鮮に保つことが可能です。

価格 定期コース 初回 1ヶ月分 3,150円
主な成分 【うつくし美菌】フェカリス菌 乳酸菌、ケフィア、ラブレ菌、イソマルトオリゴ糖、麦芽糖
【すこやか健菌ナノ型】紅麹末、乳酸菌、有胞子性乳酸菌、殺菌ビフィズス菌、イソマルトオリゴ糖、麦芽糖
花菜の選べる乳酸菌の総評

様々な異なる乳酸菌が配合され、オリゴ糖も入っているため腸内の善玉菌の働きが活性化され、腸内環境の改善、免疫力の向上などに大きく役立ちます。実際に、肌の調子がよくなった、頑固な便秘が解消されたなど、体調が改善されたという数多くの口コミも寄せられています。また、「花菜の選べる乳酸菌」は乳酸菌の種類にもこだわり、植物性ラブレ菌やケフィア菌、腸で眠りを覚ます有胞子乳酸菌などを配合し、より腸内を健康に保つ効果が期待できます。「花菜の選べる乳酸菌」は、乳酸菌による体質改善を目指す人にピッタリのサプリメントといえるでしょう。

 
 
乳酸菌革命
乳酸菌革命の特徴

整腸作用の高い乳酸菌革命
乳酸菌は、整腸作用のある菌です。摂取することで、便秘の予防や改善ができます。そのため乳酸菌を摂取するために、乳酸飲料を飲んだりヨーグルトを食べたりする人は多くいます。 ところがそれらの飲食では、実はあまり整腸作用は期待できません。なぜなら、それらによって体内に入った乳酸菌は、胃で胃酸に溶かされてしまうからです。食べ物や飲み物なので、胃で分解されてしまうのは当然です。うまく胃を通過できたとしても、小腸で胆汁の影響を受けて、ほとんどが死滅してしまいます。そのため大腸まで届く乳酸菌は、ほんのわずかなのです。 しかし乳酸菌革命というサプリメントなら、飲むことで大量の乳酸菌を大腸まで届けることができます。乳酸菌革命は、乳酸菌を耐酸性カプセルで包んでいるからです。耐酸性カプセルは、文字通り酸に耐性のあるカプセルで、これに包まれている乳酸菌は、胃酸や胆汁の影響を受けなくなります。そして耐酸性カプセルは、大腸に届く頃に溶けます。するとその時点で、乳酸菌がカプセルから飛び出して、大腸に広がっていくというわけです。

価格 通常30日分 2,880円
主な成分 アシドフィルス菌 / ブルガリクス菌 / ガッセリー菌 / ブレビス菌 / カゼイ菌 / ヘルベティカス菌 / ビフィズス菌 / ラブレ菌 / ガセリ菌
乳酸菌革命の総評

乳酸菌革命に配合されている乳酸菌は、乳酸菌の中でも特にパワフルな整腸作用を持つものばかりです。たとえば免疫力を高めるビフィズス菌、そのビフィズス菌を増やす作用のあるラブレ菌、悪玉菌を除去できるガセリ菌などです。飲むことでこれらの乳酸菌を確実に大腸に届けることができる乳酸菌革命は、整腸作用の非常に高いサプリメントだと言えます。

 
 
久光製薬 乳酸菌(EC-12)
久光製薬 EC-12の特徴

久光製薬の乳酸菌EC-12(フェカリス菌)紹介
久光製薬の乳酸菌EC-12(フェカリス菌)は、善玉菌であるビフィズス菌を増殖させる働きがあります。便秘がちでお通じが悪い方に有効です。乳酸菌EC-12(フェカリス菌)は、1グラムに1兆個の乳酸菌を配合しています。久光製薬が研究開発する上でもっとも注目したのは、乳酸菌EC-12(フェカリス菌)が、もともと体内に存在する菌で、球状で非常に小さい乳酸菌ということです。さきにも述べましたが、ビフィズス菌の増加をサポートしてくれます。お腹の健康を保つために重要なビフィズス菌ですが、ビフィズス菌は年齢を重ねるたびに減少していきます。その減少に対応するため、ビフィズス菌を摂取することが考えられます。ビフィズス菌を直接摂取しても、胃酸の影響を受けてしまい腸まで届きません。しかしながら、乳酸菌EC-12(フェカリス菌)は高い技術の加熱処理をしていて、消化分解されず腸にまで届きます。そしてビフィズス菌の増殖を助けます。

価格 初回30日分 2,980円
主な成分 フェカリス菌(EC-12株) / オリゴ糖
久光製薬 EC-12の総評

乳酸菌EC-12(フェカリス菌)は、1兆個の乳酸菌のほかに、ミルクオリゴ糖という成分も配合しています。オリゴ糖は、胃酸のダメージを受けず腸まで届き、腸の中で善玉菌の栄養となる成分です。またオリゴ糖は、さわやかな甘みがあり、乳酸菌EC-12(フェカリス菌)を服用するときに、飲みやすくおいしい要因となっています。乳酸器EC-12(フェカリス菌)は、久光製薬のこだわりのサプリメントのひとつなのです。

 

善玉菌を増やすにはビフィズス菌(乳酸菌)+オリゴ糖が必要

腸内環境を改善すれば体調が良くなることはかなり以前から知られています。では、具体的にどのような方法があるのかを見てみましょう。 腸内環境を改善するには、善玉菌を増やす方法がその最短距離と言えます。その理由は、善玉菌を増やすことによってタンパク質の生成が促され免疫効果を高めてくれるからです。またそうすることによって風邪などの病気にもかかりにくい体を作ることが出来ます。

善玉菌の代表格にはビフィズス菌や乳酸菌、さらには納豆菌などが挙げられます。これらの微生物はオリゴ糖や食物繊維を好み、特にオリゴ糖を取ることによってその数が増えると言われています。

反対に、動物性のタンパク質をよく食べる人の腸内では悪玉菌が増えやすい傾向があり、その結果硫化水素が発生しやすくなります。この硫化水素は便秘を引き起こす原因にもなります。善玉菌は常に悪玉菌とせめぎあい、どちらも自分達の領土を拡大をするために闘っています。ビフィズス菌は善玉菌の中でも強い戦士に数えられ、悪玉菌を駆逐する力に優れています。

オリゴ糖はビフィズス菌を活発に活動されるエネルギー源であり、これを多く摂取することで善玉菌の力を更に強めてくれます。腸内環境を改善するためにはビフィズス菌は無くてはならない善玉菌です。ビフィズス菌を多く取り、その上にオリゴ糖を取ることでまさに鬼に金棒となるわけです。

悪玉菌が増えれば活性酸素の発生率が高くなるばかりではなく、思わしくない病気も発祥する原因ともなります。そこで、ビフィズス菌を効率よく取りオリゴ糖で強化すれば、悪玉菌の増殖を抑えられるだけでは無く健康にもなれるというわけです。

乳酸菌サプリテッパンランキングNO1 / 乳酸菌サプリ人気ランキング決定版